ここではお客様からのご質問で、とくに多いものを取り上げています。
住宅資金・税金編
02 資金計画はどのようにたてたらいいでしょうか。
02 人生の3大支出(住宅・教育・老後)といわれる住宅購入には多額の費用がかかります。しっかりした資金計画をたて、なるべく負担を減らしましょう。

まず、始めに資金設計として

  1. 自己資金づくり(頭金づくり)
  2. 住宅ローンの選択
  3. 住宅ローンの見直し(ローンの支払い、ローン軽減法)

そして自己資金の目安としては、以前、住宅金融公庫では、住宅ローン利用時の融資限度額が住宅購入額の80%までといわれていた為、一般には最低でも住宅取得金額の20%が必要とされています。(※現在では、3大都市圏で本人の年収が400万円以上、収入合算後の世帯年収500万円以上の場合には全額融資も可能。)

とはいうものの、実際の自己資金額の平均は取得価格の30%以上が一般的なようです。これは住宅購入の際には、手数料や税金といった諸費用を現金で払う必要があり、新築住宅なら物件価格の3〜5%位が必要になります。

ユナイテッドホームズでは専門のファイナンシャルプランナーによる(有料・初回無料)住宅購入後の資金計画や生涯計画のお手伝いも行なっています。
住宅に関する質問は無料ですがそれ以上に個人的な資産計画をお考えのお客様はぜひご利用ください。



Copyright (c) 2000 UNITED HOMES Co., LTD. All rights reserved.