ここではお客様からのご質問で、とくに多いものを取り上げています。
チェックポイント編
01 モデルハウスでは、どのようなところをチェックすればいいですか。
01 チエックポイントの例としては、空間のつくり、使用部材、坪単価の範囲などがあげられます。


モデルハウス見学は、実際の家を観て触って雰囲気を味わう絶好のチャンスです。いろいろな説明や実体験を通して自分の希望のイメージを絞り込むとよいでしょう。

 最低でも次の3つのチェックをしましょう。

  1. 空間のつくり・・・空間のつくりや海外の設計思想などが生かされたオーブンな間取りになっているか、現地のモジュ一ルや工法などが採用され生かされているか、また全体にゆとりがあるかなど、合わせて廊下幅・階段幅なども実際に体感してみましょう。
  2. 部材、床材やドアの仕様部材の確認・・・業者により使用する部材や材質は様々です。一般的にアメリカの部材などは規格が統一されているといわれますが、機能や材質の面では、若干の違いが見られますので自分の使い勝手にあうものかどうか、ドアや窓の開閉がスムーズかどうかなども実際に操作してみましょう。また、2重ガラスの遮音性なども体感してみましょう。
  3. 坪単価(※)の範囲
    例えば、照明やシステムキッチン、カーテンなどは、企業により坪単価に含まれない場合もあります。また、モデルハウスは大抵標準仕様にオプションが含まれた少し立派なつくりのものが多いので、使われている部材や設備が標準仕様なのか、オプションなのかを確認しましょう。

また、「目移り」を避けるために自分の建てたい家の'こだわり'を確認しておくことや、特に浴槽やキッチンなどといった場所では、普段の自分達の使い勝手にあっているかどうかといったように実際の生活習慣を想定しながら見ることも有効な手段といえるでしょう。

※坪単価 ・・・ 通常、建物の本体工事費÷延べ床面積で算出されます。総費用(本体工事・付帯工事・諸費用)を割ったものではないので、実際にかかる費用より安く表示されます。また、本体工事の範囲は業者ごとに異なりますので注意しましょう。


ユナイテッドホームズでは常設のモデルハウスはもっておりませんが、施工中の現場や実際にお住まいのお客様のおうちをご案内することができます。スタッフにおたずねください。


Copyright (c) 2000 UNITED HOMES Co., LTD. All rights reserved.