ここではお客様からのご質問で、とくに多いものを取り上げています。
輸入住宅編
07 ユナイテッドホームズの輸入住宅は性能がいいと聞きますが、どのようなところが優れていますか。
07 輸入住宅は、気密性、断熱性、遮昔性、耐震性、耐久性、耐火性に優れていると言われています。


1.気密性・断熱性が高いので、夏涼しく、冬暖かい
高気密とは隙間が少ないということですが、軸で支える軸組み工法と比べて、パネルを組み合わせた2×4工法は高気密にしやすく、床・壁・天井には断熱材をたっぷりと入れ、窓には複層ガラス(2重)入りサッシなどが用いられ、公庫の省エネルギー規準を上回っています。その結果、冷暖房効率が高くなり、窓の結露も防げます。

2.遮音性にすぐれ静かな室内環境を実現
断熱効果と同時に高い遮音性能を発揮します。空気の層が熱を伝えにくくするのと同様に音も伝えにくくする性質があるからです。具体的には外の騒音が聞こえにくく、家の中の音も外へ伝わりにくいという長所があります。また、その反面、家の中の音が響きやすいこともあるので依頼元にも相談し、色々な対策を検討しておきましょう。

3.耐震性・耐久性にすぐれ、揺れに強い
輸入住宅の主流は、2×4等の面で建物を支える枠組み壁工法です。耐力壁という"面"によって外力を建物全体で受け止めダメージを分散させるので、地震や台風に強いといわれています。

4.耐火性にすぐれた安心設計
木構造の住宅では輸入住宅に限らず、防火対策が重要です。特に防火地域では、「外壁や屋根材に不燃材を使用する」といった法律もあり、壁や天井の室内側に不燃材の石膏ボードを張りつめたりすることで建物に着火したり、火が燃え広がるのを防ぐ造りになっています。木は火に弱いと思われがちですが、一定の厚みをもった木材は芯まで燃えるのに相当な時間がかかります。また、これらの性能は、壁式工法という輸入住宅の構造そのものに由来しているものが多いのですが、高い性能を持つ部材や建具によっても、いっそうの効果を生み出すことが出来ます。

プロダクトインフォ[耐久性]


Copyright (c) 2000 UNITED HOMES Co., LTD. All rights reserved.