ここではお客様からのご質問で、とくに多いものを取り上げています。
輸入住宅編
10 ユナイテッドホームズの輸入住宅の耐震性・耐久性について教えてください。
10 2×4工法やパネルエ法の箱型構造(マッチ箱のような造り)になっているため、輸入住宅は耐震性・耐久性に優れています。


骨組みで家を支える従来の軸組み工法と比べて、2×4工法などの枠組み壁工法では、壁で荷重を支える箱型構造になっているため、縦横斜めのどの方向からの荷重に対しても圧力を各面に分散させることができ、強い耐力を発揮します。これは、マッチ箱をつぶそうとしてもなかなかつぶれにくいのと同じ理由です。また2×4工法は、2インチ(45mm)×4インチ(90mm)以上の木材を多用することで耐久性に優れ、建築基準法に基づく告示(枠組壁工法技術基準告示)により、使用部材の規格や強度が体系化され、しっかりとした構造計算によって安全性が確かめられている工法です。また欧米では、家はライフスタイルに合わせて中古物件を探して住み替えていくのが一般的であり、年数が経っても商品価値の高い耐久性のある家がもとめられることも、高い耐久性を誇る一因といえるでしょう。

ただし、耐力壁の量が少なかったり、位置のバランスが悪かったり、また耐力壁に大きな開口部を設けすぎてしまったりするとその良さが生かされません。壁で支えている工法であるだけに、その支えが弱いものであれば当然、揺れに対しても弱くなります。従って、窓やドアなどの開口部の取り方には、多少の制限が生じます。

プロダクトインフォ[耐震性]



Copyright (c) 2000 UNITED HOMES Co., LTD. All rights reserved.