ここではお客様からのご質問で、とくに多いものを取り上げています。
輸入住宅編
16 ユナイテッドホームズに頼んで大丈夫でしょうか。
16 輸入住宅の依頼元を選ぶ場合には、通常の住宅購入の際に必要な、@業界分野を決める(ハウスメーカー・工務店・設計事務所など)→A業者を選ぶ(見積り、持ち味、信頼性、アフターメンテナンスなど)などといった作業と合わせて、どれだけ海外の住宅を精通・反映させているか、どれだけ自分の希望する住宅に近いものかどうか(仕様・資金などにおいて)がポイントとなります。納得のいくまでコールセンター、ウェブセンター、デザインセンターを利用してお確かめください。

ユナイテッドホームズは、以下の店においてお客様の不安を解消するべく努めております。

輸入住宅の設計や施工の正しいノウハウ
豊富な輸入住宅の建築実績を持つ設計、施工のパートナーとの商品提供
輸入部材についての知識や経験
資材也部材を輸入する体制を
明確な価格の提示
住宅建築後のアフターメンテナンス

輸入住宅は設計や施工が特別難しいというわけではありませんが、海外の工法独自のノウハウが必要です。床や壁で支え、高い耐震性等が特徴の壁式工法にしても、肝心の床や土台をしっかり作らないと、その性能を充分に引き出すことはできません。輸入部材の扱いも同様で、とくに無垢材を用いる場合、それに見合った施工方法をとらないと、ドアや窓の立て付けが悪くなったり、床がそったりということにもなります。

アフターメンテナンスの充実も重要です、万一壊れた際には、国産の普及品のように即交換とはいかないことも多いようです。定期点検の有無や補修にかかる期間や費用も重要です。消費部材等は国内にストックを持っており、修理の際、素早い対応が可能です。また保証制度についても第三者機関の保証がうけられます。


Copyright (c) 2000 UNITED HOMES Co., LTD. All rights reserved.