工期短縮とコストダウンを実現するアームシステム
配信日:2001年11月8日
要約
ユナイテッドホームズが米国・シアトルのアームストロング社の日本での営業所に
プランブックとインターネットを用いて設計図、住宅資材の供給を行い工務店への北米型ツーバイフォー住宅の導入をサポートするユナイテッドホームズインターナショナルが米国・シアトルのハウスメーカーであるアームストロング社と提携し日本でアームシステムの販売営業所として機能することが決まった。

本文
輸入住宅を扱うビルダーにとってこれから先ますます競争が厳しくなります。その競争に打ち勝つためには、できるだけリスクを負わずにしかもデザイン力、商品力をアップし住宅をリーズナブルな価格で供給で提供できなければなりません。そこで、ユナイテッドホームズでは以前からプランブックによる住宅の販売を行ってきました。長年多くの人たちに支持されたプランはデザイン的にも機能的にもい優れています。しかしこれらを日本で建てようとするといくつかの問題点が出てしまいます。その中で一番大きな問題がコストアップです。日本のビルダーは技術力がありますからプランどおりの家を建てることはできます。しかし、工期がかかったりコストが予想以上にかさんだりするケースが少なくありません。これでは日本の住宅と競争することはできません。いまは「よくて高いもの」は売れません。「よくて安く」なければいけないのです質の高い住宅を安く提供するには徹底した工程管理と効率的なシステムの導入が必要です。アームシステムを導入すればこれらが可能になるのです。
 このアームシステムで住宅を建てる手順を説明しましょう。まずお客様にプランブックの中から自分たちにあったプランを選んでいただきます。そしてそのプランをもとにアームストロング社のエンジニアとエンジニアと詳細を詰め施工図面と見積もりの作成を行います。仕様を確定したあとに部材を発注、シアトルの工場で作られた半完成品を輸入して日本で組み立て及び仕上げ工事を施し完成となります。
 このシステムのメリットは、プランブックで決めたプランをアメリカに図面ごと発注。現地で日本に合わせたしかもできるだけオリジナルのプランを再現した部材を選択してもらい工場で半完成品にまで加工してもらうもの。構造材もパネル化して窓や外壁も取り付けて輸入するのでツーバイフォーの熟練工がいなくても質の高い住宅が日本で提供できます。しかも窓などの問題の多い部分の取り付けミスもなくなり、日本での工事は組み立てと造作工事に絞られるため工期短縮とコストダウンを図ることができるのです。
 日本でこのアームストロング社の住宅を扱うためにはアームシステムビルダーというアームストロング社の認定ビルダーになる必要があります。認定ビルダーになるにはシアトルで一週間の研修をうけます。実際の施工現場に出向きすべての工程を体験、研修する内容です。これによりアメリカのツーバイフォー工法の標準的かつ効率的な工法を習得することができます。アームシステムビルダーになればアメリカに自社工場を持ち日本で手に入らないパーツを使うことができ、何よりも輸入住宅のようなものではなく、本当の輸入住宅を建てることができるのです。また、アームシステムによって建てられた構造矩体、部材はアームストロング社によって10年間の保証が受けられ、日本の性能表示にも対応する予定になっています。
 アームストロング社は日本でこれまで8000棟の実績があり日本のマーケットと建築業界に関して熟知している点も心強い限りです。現地には4人の日本人スタッフがおり、アメリカの部材メーカへの発注、品質要求、クレーム対応など総合的にサポートしている点も安心です。

アームストロング社のHP http://www.armstrong-homes.com

 詳しいお問合せは
住所 千葉県千葉市花見川区犢橋町1622-4 トミオビル
電話 043-215-3275
URL http://www.get-united.com
受付担当 染谷幸子
E-mail info@unitedhomes.co.jp
受付時間9:00〜17:00(水曜日を除く)
 
  パブリシティー
掲載メディア
お問い合わせ サイトご利用条件 email to us