強固な地盤づくり
地盤調査報告書の判定結果にて、標準基礎で対応できない場合は、地盤補強工事を行って建物を安全に支えなければなりません。ひとえに地盤補強工事といっても、その地盤に合わない補強工事を行なった場合、逆効果にもなり得るので、補強工事の選定は安全かつ経済性を考慮する必要があります。軟弱地盤の層が比較的に浅いGL-2m程度であれば、セメント系固化材を軟弱層に散布して現地盤の土と混合・攪拌・転圧する工法を「表層改良工法」を用います。軟弱層がGL-2m以上GL-8m程度であれば、軟弱地盤面の土にセメントミルク(セメント系固化材と水を混ぜたもの)を注入攪拌して、オーガーにて地中に柱状の改良杭をつくる「柱状改良工法」を用います。
軟弱層がGL-8m以上で、柱状改良工法で対応できない場合、鋼管を支持地盤面に持たせる工法を「小口径鋼管杭工法」と言います。ユナイテッドホームズの建物は、地盤の状況に応じてそれぞれの工法を選び安定した地盤の上に建てられます。
お問い合わせ サイトご利用条件